光回線を乗り換え!徹底解説!おすすめ乗り換え先は!?

これまで光回線の乗り換えを2回ほど経験しましたが、2回とも乗りかえは大成功!

毎月の料金の支払いは安くなるし、通信速度も向上。光回線の乗りかえには、多くの場合わたしが体験したようなメリットがあります。

こんにちは。インターネット回線案内人「だっく」です。

あなたは光回線の乗り換えを考えられていますよね?

そんなあなたにお伝えしたいのが、光回線の乗りかえはメリットばかりではないということ。

光回線の乗り換えが、あなたにとってデメリットになる場合もあるかもしれません。

光回線の乗り換えに失敗しないように、メリット、デメリットを確認して手続きをすすめてください。

この記事を最後まで読んでいただければ、光回線の乗りかえ成功にかぎりなく近づくことができます。

  1. 光回線の契約期間は2年!乗り換えるべき?
  2. 光回線を乗り換える!想定される7つメリット
    1. 光回線の利用料金が安くなる
    2. スマートフォンの割引サービスがある
    3. 光回線の乗り換えでキャッシュバックがうけとれる
    4. 通信速度が速くなる
    5. 光回線とプロバイダを一本化できる
    6. フレッツ光から光コラボへの乗り換えが簡単
    7. Wi-Fi(無線LAN)が快適に利用できる
  3. 光回線を乗り換え前後に想定されるデメリット
    1. 事務手数料がかかる
    2. 違約金が発生するケースがある
    3. 解約時に工事の残債を支払う必要がある。
    4. 回線撤去をしなくてはいけない場合がある
    5. プロバイダがかわる。メールアドレスがかわる
    6. ネット回線の支払いが重なる時期がある
    7. 光回線の契約期間にしばられる
    8. 電話番号が引き継げない可能性がある
    9. Wi-Fi(無線LAN)設定をする必要がある
  4. 光回線の乗り換えに失敗しないための5つのチェックポイント
    1. 料金、通信速度を比較する
    2. キャッシュバックの受け取り条件を確認する
    3. 固定電話番号の引き継ぎ
    4. 乗り換え先の光回線の評判を確認する
  5. 光回線 乗り換えのながれ
  6. 光回線を乗り換えるなら!オススメ光回線
    1. 基本!スマートフォンとセットになる光回線を選ぶ
      1. auひかり
      2. NURO光
      3. ソフトバンク光
      4. ドコモ光
    2. 格安SIMユーザー向け!料金の安さで光回線を選ぶ
      1. enひかり
      2. @スマート光
    3. 通信速度重視なら
    4. キャッシュバック金額重視なら
  7. まとめ:光回線の乗り換えはデメリットも知っておこう

光回線の契約期間は2年!乗り換えるべき?

多くの光回線は契約期間があります。わたしが利用経験のあるフレッツ光、auひかり、NURO光は2年契約。光回線の一般的なプランは2年契約がほとんどですね。

契約は自動更新されるので、2年の契約がおわって何もしないでいると自動で契約更新される仕組みになっています。

光回線には契約更新月というのがあって、解約するのならその期間にしないと違約金が発生します。
個人的には、こういった契約の縛りはやめてほしい…と思っているのですが…

光回線を乗り換える場合、利用中の光回線の解約をすることになりますが、更新月が数カ月先となっている場合、あなたはそれまで待てますか?

わたしは待ったことがありません。

早く新しいお得なサービスを利用したいので迷うことなく違約金をしはらっています。

光回線はキャッシュバックがあるところが多いので、違約金をまかなえる上におつりがくる事もありますよ。

わたしなりの光回線2年契約についての結論。違約金はつきもの!

契約更新月まで期間がある場合は違約金を支払って、あたらしい光回線を利用したい!

違約金を支払ってでも早く乗り換えるのは多くのメリットがあるからです。

それでは、そのメリットを解説していきます。

光回線を乗り換える!想定される7つメリット

  • 光回線の利用料金がやすくなる
  • スマートフォンの割引サービスが適用になる
  • 光回線の乗り換えでキャッシュバックがうけとれる
  • 通信速度が速くなる
  • 光回線とプロバイダを一本化できる
  • フレッツ光から光コラボへの乗り換えが簡単
  • Wi-Fiが快適にりようできる

光回線の利用料金が安くなる

光回線の乗り換えで、あなたが一番関心があるのは利用料金のことではないでしょうか?

同じようなインターネット回線サービスなら少しでも安いほうがいいですよね?

現在あなたが利用中の光回線がフレッツ光であれば光コラボ業者に乗り換えることで光回線の料金が安くなる可能性があります。

フレッツ光から光コラボに乗り換えは簡単にできます。光コラボから光コラボへの事業変更もできます。

光回線月額利用料金
戸建てマンション
auひかり5,100円4,050円
ドコモ光5,200円4,000円
ソフトバンク 光5,200円3,800円
NURO光4,743円
1,900円~4,743円
So-net光5,700円4,480円
ビッグローブ光4,980円3,980円
OCN光5,100円3,600円
エキサイト光4,360円3,360円
@nifty光5,200円3,980円
DTI光4,800円3,600円
ぷらら光4,800円3,600円
eo光5,048円3,524円
コミファ光5,250円5,250円

スマートフォンの割引サービスがある

docomo、au、ソフトバンクはセットになる光回線をえらぶ事でスマートフォンの料金から毎月割引をうけることができます。

光回線を選ぶときに料金重視のかたは光回線じたいの料金だけにとらわれると失敗する可能性もあります。

スマートフォンとセットになる光回線を契約することで、多少光回線の料金が他と比較して高くても、スマートフォン+光回線の料金が安くなります。

光回線とスマートフォンをセットで契約する事は光回線乗り換え成功のカギとなります。

docomoのスマートフォンをお使いの場合「ドコモ光」一択と考えていいでしょう。

au、ソフトバンクの方は選択肢があるので、あなたの状況によって選択できます。

auauひかり、So-Net光プラス、ビッグローブ光
eo光、コミファ光、DTI光
電力系光回線
ソフトバンクNURO光、ソフトバンク光
ドコモドコモ光(GMOとくとくbb)
格安SIMDTI光、enひかり

光回線の乗り換えでキャッシュバックがうけとれる

ご存じでしょうか?光回線の申し込みは公式サイトからだけではなく、いろいろな販売代理店が存在します。

その中でも豪華キャンペーンを展開しているのがネット型の販売代理店。

ネット型の代理店は訪問営業、電話営業、家電量販店などと比較すると運営にかかる経費がかかないので、その分申し込み特典であるキャッシュバックの金額が高額だったりします。

申し込みには注意が必要で、キャッシュバック金額の高い代理店は受け取り条件が厳しく満額うけとれないところもあります。

光回線は、みんなが申し込む評判の代理店がいくつか存在します。

わたしは実際に代理店経由で2回ほど申し込みをしたことがありますが。ちゃんと約束どおりのキャッシュバックを受け取れました。

代理店からキャッシュバックを受け取った経験を生かして光回線各社のオススメ代理店を紹介しておきます。

セット割
スマホ
料金
キャッシュバック
(最大)
戸建てマンション
auひかり
au5,100円3,800円60,000円
NURO光
ソフトバンク4,743円1,900円~4,743円45,000円
ソフトバンク光
ソフトバンク5,200円3,800円33,000円
ビッグローブ光
au4,980円3,980円26,000円
ドコモ光
docomo5,200円4,000円20,000円+5,000pt

通信速度が速くなる

光回線の一般的なプランの通信速度は、ほとんどの業者が最大上り・下り1Gbps。

あなたが利用中インターネット回線の通信速度の最大値が1Gbpsに満たないのであれば、通信速度や通信安定性の向上が見込めます。

特にオンラインゲームや高画質動画を楽しみたい方やファイルをよくダウンロードする方にとって通信速度、通信安定性は重要ですね。

通信速度の向上がおおいに見込める光回線への乗り換えの例としては「ADSLから光回線」があげられます。

あなたは、ひょっとしてADSL利用中ではないでしょうか?

ADSLは、2024年3月末には廃止されることが決定しています。

ADSL廃止まじかは駆け込み需要が発生し光回線工事の混雑が予想されるので、はやめに乗り換えておくといいかもしれませんね。

光回線とプロバイダを一本化できる

かつては、インターネット回線とプロバイダを別々に契約していましたが、現在の光回線はプロバイダ一体型が主流になっています。

プロバイダ一体型のメリットは料金がわかりやすい事、申し込み先がひとつで済む事です。

光回線とプロバイダが一体になっていると契約も簡単!

フレッツ光から光コラボへの乗り換えが簡単

光コラボとは光コラボレーションのことで、フレッツ光の回線を借りて光回線を提供するサービス。

光コラボの代表的なところでは「ドコモ光」「ソフトバンク光」

他にも光コラボ業者はたくさんあります。

光コラボはフレッツ回線なのでフレッツ光からの乗り換えは回線工事は不要なので手続きだけで簡単に乗り換える事ができます。

光コラボへの乗り換えはスマートフォンとセットで選びましょう。

おつかいのスマートフォンにあわせてドコモ光セット割、auスマートバリュー、ソフトバンクおうち割光セットが適用できる光コラボを利用するとお得にインターネット回線が利用できます。

Wi-Fi(無線LAN)が快適に利用できる

利用中のインターネット回線のWi-Fi(無線LAN)が遅いと感じたことはありませんか?

インターネット回線の通信速度自体が原因な事もありますが、Wi-Fi(無線LAN)ルーターが古いことが原因かもしれません。

現在主流Wi-Fi(無線LAN)規格はIEEE 802.11ac。次世代のIEEE 802.11axも市場を広げてきています。

光回線をのりかえる事で、いまお使いのWi-Fi(無線LAN)ルーターより新しい規格のものが利用できる可能性があるので、Wi-Fi(無線LAN)の通信品質の向上が見込め、快適にWi-Fi(無線LAN)通信がおこなるようになります。

光回線を乗り換え前後に想定されるデメリット

光回線の乗り換えはおおくの方にメリットが大きいですが少なからずデメリットもあります。

乗り換えの際には、しっかりデメリットも理解したうえで申し込みをしましょう。

  • 事務手数料がかかる
  • 違約金が発生するケースがある
  • 解約時に工事費の残債を支払う必要がある。
  • 回線撤去をしなくてはいけない場合ある
  • プロバイダがかわる。メールアドレスがかわる
  • ネット回線の支払いが重なる期間がある
  • 光回線の契約期間にしばられる
  • 電話番号が引き継げない可能性もある
  • Wi-Fiの設定をする必要がある

事務手数料がかかる

光回線の乗り換えの際に見落としがちな料金が事務手数料。おおくの光回線は3,000円程度の料金設定になっています。

事務手数料は毎月発生するものではなく、最初に一度支払うだけのものです。

最初の利用料金と一緒に請求されるので、特に事務手数料を振り込んだり、支払い用紙が送られてくるような面倒かことはありません。

事務手数料の事をわすれていると光回線乗り換え直後の支払いで思ったよりも料金が高くてびっくりすると思います。わたしがそうでした…

事務手数料の支払いがデメリットに感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、あなたが乗り換え予定の光回線の申し込み特典などのメリットと比較してみてください。

違約金が発生するケースがある

おおくの方が契約する光回線の料金プランは2年から3年の契約期間があるプラン。

契約年数のしばりはありますが、月額料金がおさえめになっているのでお得で、わたしもこのプランを利用しています。

光回線の契約は自動更新になっていて、2年契約であれば、2年に一度、契約更新月がもうけられています。

更新月に、なにもしなければ、また2年の契約が更新される仕組み。

更新月以外で解約すると違約金を支払わなければなりません。

光回線の乗り換え時期と利用中の光回線の更新月が重なれば問題ないのですが、多くの場合は乗り換え時期と更新月のあいだにズレがあるはず。

わたしは光回線の乗り換えは、更新月まで待たないので、違約金は光回線の乗り換えにはつきものだと考えています。

解約時に工事の残債を支払う必要がある。

利用中のインターネット回線の工事費用はわかりますか?

光回線の工事費用は実質無料というところがほとんどなので、あまり工事表を意識することはないでしょう。

光回線の工事費用は実質無料であって完全無料なところはすくないです。

工事費実質無料のからくりは、工事費用を分割で支払うのですが、その工事費相当分が値引きされる仕組み。

解約時に分割で支払っている工事費の残債があるようであれば、支払う必要があります。

ホンモノ!我が家のNURO光料金明細

回線撤去をしなくてはいけない場合がある

光回線工事の際に配線した光ケーブルは希望すれば撤去することができます。

わたしは現在の住まいで利用した光回線は3回線。回線撤去には費用がかかるので、そのままにしています。

光回線の回線撤去は希望者のみのところが多いなか、auひかりは回線撤去が強制になっています。

すべてのauひかり契約者が対象ではなく2018年3月1日以降に申し込んだ方は、希望しなくても回線撤去が行われます。

auひかりの撤去費用は28,800円と高額なので他の光回線に乗り換える場合は、乗り換え先の光回線のキャッシュバック金額と比較して検討されてください。

光回線を乗り換えるのに、あまりにも持ち出す費用が大きい場合は、工事費用を完済したあとの光回線更新月まで乗り換えを待つのもひとつの手段です。

プロバイダがかわる。メールアドレスがかわる

あなたはプロバイダのメールアドレスをメインに使われていますか?

乗り換え先の光回線に利用中のプロバイダがなければ違うプロバイダと契約することになります。この時に問題になるのがメールアドレス。

プロバイダを解約すると利用中のメールアドレスは利用できなくなります。

Gmail、Yahoo!メールなどのフリーメールアドレスをお使いであれば、光回線乗り換え後もそのままメールアドレスを利用できるので問題ありません。

プロバイダのメールアドレスをメインに利用していて、どうしてもそのメールアドレスを利用したい場合は、プロバイダとメールアドレスだけの契約をして残すことも可能。

OCNでメールアドレスだけの契約費用は月額250円。

ネット回線の支払いが重なる時期がある

インターネット回線を乗り換える時、新しい光回線が開通した後に、これまで利用していたネット回線を解約するかたちになります。

光回線と一緒に光電話も契約される方も多いですが、光電話はネット回線が開通した後に利用できるようになるので光電話開通後に解約するようにしてください。

このように2つのネット回線が利用できる時期が一定期間できてしまいます。

ネット回線の料金の支払いが重なる月ができてしまうのでデメリットに感じる人もいるでしょう。

わたしは速くて評判の光回線に乗り換えたので、通信速度を比較して楽しんでいました。

光回線の契約期間にしばられる

多くの人が契約する光回線のプランには契約期間があります。

契約期間外に解約してしまうと、違約金を支払うことになるので、長く利用する予定のない方にとっては契約期間はデメリットになりますよね。

光回線の契約期間は2年~3年。この期間に引っ越しなどで光回線の解約をする予定のある方は契約期間のしばりのないエキサイト光が料金も安くおすすめ。

電話番号が引き継げない可能性がある

光回線乗り換え先の光電話に電話番号が引き継げるのは、電話番号がNTT発番であること。光回線の契約時に電話番号を取得した場合、その電話番号は引き継げない可能性があります。

市外局番のかわる地域への引っ越しも電話番号がかわってしまいます。

固定電話の番号引き継ぎの条件はNTT発番であること!

Wi-Fi(無線LAN)設定をする必要がある

Wi-Fiの設定とか抵抗がある人にとっては、ちょっと面倒かもしれませが光回線乗り換え後は利用する端末のWi-Fi設定が必要になります。

Wi-FiルーターやONUに記載されているSSDIとパスワードを端末のWi-Fi設定画面で入力するだけなのですが苦手な人にはデメリットかもしれませんね。

設定とか苦手な人には光回線の乗り換えは少しだけ覚悟が必要かも…

光回線の乗り換えに失敗しないための5つのチェックポイント

光回線の乗り換えのメリットとデメリットを解説してきました。

内容が重複する部分もありますが光回線乗り換えの際に、しっかりチェックしておくべきポイントをあげておきます。

あなたの光回線への乗り換えの目的はなんでしょうか?目的をしっかり自分自身でハッキリさせる事もポイントのひとつです。

  • 乗り換え前と後のネット回線料金を比較する
  • 通信速度を確認する
  • キャッシュバックの受け取り条件を確認する
  • 固定電話番号の引き継ぎ
  • 評判を確認する

料金、通信速度を比較する

乗り換えの目的は料金?それとも通信速度?よくばりなわたしは、この両方が目的でNURO光に乗り換えました。

光回線業者は数多くあるので、あなたの目的にあったところを選びましょう。

キャッシュバックの受け取り条件を確認する

光回線は新規契約キャンペーンであるキャッシュバックも豪華なところも多く魅力ですよね。

販売代理店で提示されているキャッシュバックは全額もらえるとは限りません。うけとり条件があったりします。

このキャッシュバックの受け取り条件が申し込み先選びを難しくしているともいえます。

固定電話番号の引き継ぎ

デメリットのところでもお伝えしましたが、電話番号をひきつげる条件は、いま利用中の電話番号がNTTから発番されたものであることが条件になります。

市外へ引っ越しされる場合、電話番号が変わることが多いですが、NTTでは新電話番号のアナウンスサービスをやっているので利用してください。

【新電話番号案内】
 あなたのお掛けになった△△△のxxxxは、移転のため番号が変わりました。
 新しい番号は、○○○の△△△のxxxxです。

引用:NTT東日本

乗り換え先の光回線の評判を確認する

乗り換え先の光回線は決まっていますか?

きまっているのであれば、知人やネットの評判を確認してみましょう。

ネットなどの評判はあなたの状況とはちがうので、あてになるとは限りませんが、希望の光回線の良い評判を見ることで乗り換えの後押しになりますよ。

光回線 乗り換えのながれ

  1. 光回線をえらぶ
  2. 利用中の光回線サポートに連絡して解約方法を聞く
  3. 光回線を申し込む
  4. 回線工事
  5. 乗り換え先の光回線利開始。
  6. 光電話開通
  7. 古い光回線を解約する

電話番号を引き継がれる方は、ちょっと注意が必要。

必ず新らしい光電話の開通を確認してから、これまでの光回線お解約手続きをすすめてください。光回線の工事が完了したからといって、あわてて解約してしまうと電話番号が引き継げない可能性があります。

光回線を乗り換えるなら!オススメ光回線

あなたにあった光回線を選びやすいように目的別で紹介させてもらいます。

  • スマートフォンとセットになる光回線を選ぶ
  • 格安SIMユーザー向け!料金の安さで光回線を選ぶなら
  • 通信速度の速さで光回線を選ぶなら
  • キャッシュバック金額で光回線を選ぶなら

基本!スマートフォンとセットになる光回線を選ぶ

光回線の乗り換えで一番のコツといえるのが、おつかいのスマートフォンとセットになる光回線を選ぶことです。

そうすることでスマートフォンの料金から毎月割引がうけられるので、光回線の料金はかわらなくてもネット料金+スマホ料金があわせてお得に利用できます。

利用中のスマートフォンオススメの光回線
auauひかり、So-Net光プラス、ビッグローブ光
eo光、コミファ光
電力系光回線
ソフトバンクNURO光、ソフトバンク光
ドコモドコモ光(GMOとくとくbb)
格安SIMNURO光、So-Net光プラス、enひかり

auひかり

auスマートバリューでスマホがお得!

もし、あなたがauのスマートフォンを利用中なのであれば光回線は「auひかり」が絶対お得!

auひかりなら、毎月のスマートフォン料金から割引が受けられます!!

わたしもauのスマホをつかっていた時はauひかりを契約していました。

auひかりは5年間利用させてもらいましたが、通信速度も快適でトラブルも一切ありませんでしたよ。

auひかり 
ホームタイプ
(ずっとギガ得プラン)
マンションタイプV
(お得プランA)
ネット料金5,100円(1年目)3,800円
ひかり電話500円/月
「au ひかり」申し込み先。公式サイト、代理店の比較表
キャッシュバック
ネット+電話
入金時期適用条件
有料オプション
総合評価
NNコミュニケーションズ47,000円
ネットのみ
40,000円
最短翌月末12か月間の継続利用、指定プロバイダ契約5 out of 5 stars
公式サイト10,000円約半年後加入の必要なし1.5 out of 5 stars

↓↓↓↓↓優良代理店でお得に安心確実!高額キャッシュバック↓↓↓↓↓

NURO光

速くて安い光回線

NURO光 戸建てタイプの料金プラン(税抜)
NURO光 G2VNURO光 G2
月額基本料金4,743円7,124円
基本工事費40,000円(実質無料)
契約事務手数料3,000円
契約期間2年間 自動更新なし
契約解除料9,500円0円
申し込み特典複数の特典から一つ選択なし
ひかり電話東日本:500円/月
西日本:300円/月
備考
  • プロバイダ料金も込み(So-Net)
  • 無線LAN内蔵ONU 無料レンタル
  • セキュリティーソフト(最大5台まで)

ソフトバンクのスマートフォンをご利用でしょうか?

NURO光はソフトバンク「おうち割」が電話サービスを一緒に申し込むことで適用となります。
家族全員のソフトバンクの携帯電話から割引がうけられるので、とってもお得!

申し込み特典も充実していて、人気のキャッシュバックも豪華。

最新公式NURO光 選べる申し込み特典
申し込み特典キャッシュバック月額料金980円!ワンコイン体験
特典内容43,000円→45,000円1年間の期間限定最大3カ月500円
備考開通日翌月15日にSo-Netから送付される案内メールに従って手続き工事費無料
設定サポート無料
開通月を含む3カ月以内の解約は違約金、工事費の残債の請求なし
おすすめ
オプション
2.5G-BASE-TのLANポート搭載のソニー製onuとカギの開閉がスマホできるQrio LockがセットになったNURO光スマートセットが月額770円!新規契約者のみのサービス。
NURO光でんわは、東日本550円/月、西日本330円/月

ソフトバンク光

 

 戸建てタイプマンションタイプ
月額料金5,200円3,800円
事務手数料3,000円
契約期間2年
工事費用
  • 転用、事業者変更:0円
  • その他:2,000円~24,000円(状況による)
ソフトバンク光申し込み先比較表
 キャッシュバック
申請方法
適用条件
受け取り期間
総合評価
新規転用
アウンカンパニー3300015000電話口で完了なし最短2カ月後5 out of 5 stars 
NEXT3300015000電話口で完了なし最短2カ月後 5 out of 5 stars 
エヌズカンパニー3300015000電話口で完了なし最短2カ月後5 out of 5 stars  
アイネットサポート3500013000メール申請なし最短2カ月後4 out of 5 stars  
株式会社BIGUP3400015000BBユニット
Wi-Fiマルチパック
最短2カ月後 2.5 out of 5 stars 
ブロードバンドナビ2200010000WEBエントリーなし最短7カ月後?2.5 out of 5 stars  
Wiz8500012カ月後に申請新電力
即日申し込み
最短12か月後2 out of 5 stars  
株式会社STORY80000キャンペーンコードの申告どんなときもWi-Fi同時申し込み???

アウンカンパニー、NEXT、エヌズカンパニーは同等のキャッシュバック内容になっているので、わたしの申し込み経験のある「アウンカンパニー」をおすすめしておきます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓ソフトバンク光を安心お得に申し込むなら↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ドコモ光

docomoならやっぱりドコモ光

ドコモのスマートフォンをおお使いでしょうか?

ドコモユーザーがお得な光回線がドコモ光。

ドコモ以外の人が契約しても特別メリットがあるわけではないので大半がドコモユーザー。

プロバイダも20社以上から選ぶことができるので、今あなたが契約しているプロバイダと契約することでメールアドレスを引き継ぐこともできます。

選ぶプロバイダによって月額基本料金がかわります。

「ドコモ光」料金(定額プラン)
申し込みプランタイプA(オススメ)タイプB
「ドコモ 光」対応プロバイダドコモnet・plala・gmoとくとくbb・@nifty・DTI・BIGLOBE・andline・so-net・Tigers-net.com・エディオンネット・excite・hi-ho・SIS・ic-net・SYNAPSE・Rakutenブロードバンド・@ネスク・TTukituki・01光コアラOCN・@Tcom・TNC・Asahi Net・wak wak・@ちゃんぷるネット
一戸建てにお住まいの方
2年定期契約(自動更新)
月額5,200円月額5,400円
マンションにお住まいの方
2年定期契約(自動更新)
月額4,000円月額4,200円

↓↓↓↓↓ おすすめプロバイダでお得にドコモ光↓↓↓↓↓

格安SIMユーザー向け!料金の安さで光回線を選ぶ

au、ドコモ、ソフトバンクのスマホをご利用であればセットになる光回線を選べばトータルでお得に利用できます。

しかし格安SIMユーザーにとってセット割となる光回線は少なく、あっても割引額がわずか。わたし自身格安SIMユーザーなのですが、利用している理由は毎月の支払を抑えたいから。

格安SIM利用者は毎月出ていく固定費に敏感なはず。

光回線料金も少しでも安くしたい方へむけてご紹介します。

enひかり

enひかり 料金表
月額基本料金4,300円3,300円
事務手数料転用・事業者変更:2,000円
新規契約:3,000円
新規工事費用2,000円~15,000円(状況による)
契約期間なし

enひかりは月額基本料金も安く設定されているのですが、注目したいのは契約期間。

光回線お多くに契約期間があり更新月以外に解約すると違約金を支払う事になります。

enひかりには契約期間がないので、いつ解約しても違約金が発生することがありません。

UQモバイルユーザーには割引サービスあり!

https://enhikari.jp/

@スマート光

@スマート 料金表
月額基本料金戸建てマンション
4,300円3,300円
事務手数料3,000円
新規工事費用キャンペーンで無料
契約期間2年
解約金20,000円(3年目以降は無料)
@スマート 光(アットスマート 光) 公式HP
@スマート 光は、光回線とプロバイダーがひとつになった新しい光接続サービスです。分かりやすくシンプルなサービス内容で、一人でも多くのお客様に喜んでいただきたいと考えています。

通信速度重視なら

光回線の一般的なプランの通信速度の理論値は上下1Gbps。NURO光は下り2gbps。

NURO光のエリア内にお住まいで通信速度重視なあなたにぴったりな光回線はNURO光。

NURO光のオプション「スマートセット」を契約するとSONY製の高速ONUが月額700円でレンタル可能!(新規契約のみ)

ソフトバンクユーザーは「おうち割光セット」適用で、さらにお得にNURO光を利用できます。

NURO光はエリアが限定されているので申し込みたくても申し込めない人がたくさんいらっっしゃいます。

NURO光のエリアにお住まいの方は幸運といってもいいかもしれませんね。

光回線の通信速度の理論値は1Gbpsとかわらないのですが、速い光回線を選ぶポイントは「独自回線である」という事。

  • NURO光
  • auひかり
  • 電力系光回線(コミファ光、eo光、メガエッグ光、ピカラ光、ビビック光)
電力系光回線一覧表
提供企業提供エリア
中部電力系列静岡県、愛知県、岐阜県、三重県、長野県
関西電力系列大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井県
中国電力系列広島県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県
四国電力系列高知県、香川県、愛媛県、徳島県
九州電力系列福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

光コラボで利用されているのはフレッツ光回線。利用者が多いので混雑しがち。

回線の混雑は通信速度低下のおおきな要因のひとつ。

独自回線であれば利用者も少ないので混雑しづらい状況といえます。

通信速度の速い光回線は下の記事でわかりやすく解説しています。

キャッシュバック金額重視なら

光回線の乗り換えの目玉!ともいえるキャッシュバック。光回線各社のオススメ申し込み先のキャッシュバック金額をわかりやすく表にしました。

受け取り条件が厳しいものは除外したオススメの申し込み先のみを比較してあるので、安心してお申し込みができます。

 セット割
スマホ
料金
キャッシュバック
(最大)
戸建てマンション
auひかり
au5,100円3,800円60,000円
NURO光
ソフトバンク4,743円1,900円~4,743円45,000円
ソフトバンク光
ソフトバンク5,200円3,800円33,000円
ビッグローブ光
au4,980円3,980円26,000円
ドコモ光
docomo5,200円4,000円20,000円+5,000pt

キャッシュバック金額につられてしまうとトータルで損する場合もあるので、
スマホとセット割になる光回線をえらぶのが◎

もし、万が一あなたが光回線に安さ速さと求めるのであればNURO光を検討されてください。

まとめ:光回線の乗り換えはデメリットも知っておこう

最後にメリットとデメリットをおさらいしましょう。

ーメリットー

  • 光回線の利用料金がやすくなる
  • スマートフォンの割引サービスが適用になる
  • 光回線の乗り換えでキャッシュバックがうけとれる
  • 通信速度が速くなる
  • 光回線とプロバイダを一本化できる
  • フレッツ光から光コラボへの乗り換えが簡単
  • Wi-Fiが快適にりようできる

ーデメリットー

  • 事務手数料がかかる
  • 違約金が発生するケースがある
  • 解約時に工事費の残債を支払う必要がある。
  • 回線撤去をしなくてはいけない場合ある
  • プロバイダがかわる。メールアドレスがかわる
  • ネット回線の支払いが重なる期間がある
  • 光回線の契約期間にしばられる
  • 電話番号が引き継げない可能性もある
  • Wi-Fiの設定をする必要がある

ご希望の光回線を申し込む前に、いまいちどメリット、デメリットをトータルで考えて乗り換え手続きをすすめてくださいね!

最後まで、ありがとうございました!!
タイトルとURLをコピーしました